医療生協について

 

ご挨拶

みなと医療生活協同組合
理事長 尾関俊紀

理事長

 昨年は「受け止め、つなげる」をキーワードに活動を広げ、一人ひとりの困りごとや地域の声を受け止め、みんなの知恵と協同で解決をはかり、仲間を増やし、6万人の組合員数に到達しました。組合員の皆さんの真摯な努力のたまものと感謝しております。

 一方で、政府は生活・福祉関連予算の抑制を予定しており、医療や介護の負担が増やされようとしています。こうした政策に対しては、多くの方が不安を覚えていることと思います。

 健康寿命を伸ばし、いつまでも住み慣れた地域で暮らすことは、すべての組合員の願いです。みなと医療生協は今年も、健康なまちづくりと健康増進に取り組みます。そのため、支部と事業所が、自立と協同をして、これまで以上の活発な活動ができればと思います。お互いがお世話をしあうことで、絆が深まり、医療生協の存在価値が高まることを期待します。

 皆さんの健康とさらなる活躍を祈念いたします。

▲このページの先頭にもどる

トップページに戻る お知らせ 医療生協について 支部の活動 班の活動 健康診断のとりくみ ボランティア活動 サービス事業活動 協立総合病院のウェブサイトへ 介護ネットワークのウェブサイトへ エムアイエス企画のウェブサイトへ