医療生協について

 

コロナに立ち向かい、健康とつながりを守る医療生協の発展を

みなと医療生活協同組合
理事長 尾関俊紀

理事長

 組合員の皆さん、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 昨年は新型コロナウイルス感染症のパンデミックの波が何度も繰り返しました。みなと医療生協の施設では発熱外来でのPCR検査を行うとともに、協立総合病院の新型コロナ感染症の専門病棟を自治体の要請に従って拡大して、コロナ対策の一環を担ってきました。

 一方で、新型コロナウイルスのワクチン接種が始まりました。接種に当たっては組合員のボランティアに手伝っていただき、大変多くの方に接種ができました。組合員に支えられた医療生協ならではのワクチン接種の取り組みであったと感謝しております。

 感染予防が求められる中で、私たちは安全で必要な医療生協活動を目標に掲げました。緊急事態宣言がくりかえし発令され、外出も控えられる中で、体力の衰えや社会的孤立が深刻な事態になりました。感染の波が治まった時に行われた班会や訪問活動で、久しぶりの出会いやつながりに感動し、大変励まされました。

 今年も、感染症(コロナ)対策、体力維持(フレイル対策)、成人病・がん検診を3つの柱にして健康づくりを進めてゆきたいと思います。コロナ後にはケアを大切にした、環境に優しい持続可能な社会が求められています。組合員の皆さんの活躍によって協同組合の活動を強め、健康な地域社会づくりに貢献していきたいと思います。

▲このページの先頭にもどる

トップページに戻る お知らせ 医療生協について 支部の活動 班の活動 健康診断のとりくみ ボランティア活動 サービス事業活動 協立総合病院のウェブサイトへ 介護ネットワークのウェブサイトへ エムアイエス企画のウェブサイトへ